年齢肌の悩みの種類とその原因

20代後半になると徐々に出てくる肌の老化現象。
年齢肌の悩みにはどんなものがあるのでしょうか?その原因は何なのでしょうか?

 

子供の肌は何もしなくてもハリがあってぷるぷるしています。
年齢を重ねていくと潤いやハリが無くなっていきシワやシミが目立つようになっていきます。

 

ここでは年齢悩みの種類やその原因について紹介していきたいと思います。

 

 

肌の乾燥とその原因

 

肌の乾燥を気にする女性

 

肌の保水力が低下する

 

年齢を重ねるごとに代謝が低下していくことが原因になってお肌の水分や皮脂がすくなくなってしまいます。
保湿力が弱まっている所に空気の乾燥が起こるとお肌はカサカサになってしまいます。

 

水分量の足りない肌は外部からの刺激に弱く、紫外線などのダメージによって炎症やかさつきを起こしさらに乾燥するといった状況に陥ってしまいます。

 

悪循環を繰り返すうちに肌が荒れてしまい、ごわつきが出て、さらにしぼんでしまいシワの原因になってしまいます。

 

 

乾燥じわが出来る原因

 

乾燥じわを気にする女性

 

バリア機能の低下

 

乾燥しバリア機能が低下した肌が紫外線などの外部刺激を受けると皮脂が酸化してしまいます。
その結果炎症を起こし更なるかさつきや乾燥引き起こす悪事循環を起こします。

 

カサつきや乾燥を放置していると肌がしぼんで乾燥じわが出来てしまうんです。

 

 

肌にしわやたるみが出来る原因

 

肌のしわやたるみを気にする女性

 

コラーゲンの減少

 

年齢を重ねるごとに代謝が低下したり血行が悪くなることで肌の細胞に栄養が行き渡りにくくなります。
すると肌のコラーゲンを作る力が弱まってしまいます。
さらに日常のストレスや肌への外部からの刺激によってコラーゲンが減少してしまうと肌のハリや弾力が失われていきます。

 

コラーゲンが失われて弾力の無い肌にはシワが出来てしまい、重力にも負け下へ下がりたるみに繋がっていきます。

 

 

肌にシミが出来る原因

 

肌のシミが目立つ女性の様子

 

ターンオーバーの衰え

 

肌には生まれ変わるサイクルがありそれを「ターンオーバー」と言います。
年齢を重ねた肌は肌が生まれ変わるサイクルが長くなり、メラニンが出来た肌をなかなか生まれ変わらせる事が出来ずに肌に留まってしまいます。
それがシミになり、更に紫外線を浴びるとどんどん黒くなってしまいます。

 

 

肌の毛穴が目立つ原因

 

毛穴が目立っている女性の様子

 

古い角質と皮脂が詰まる

 

年齢を重ねた肌は水分量が減り、乾燥や血行不良を起こしやすくなります。
乾燥してしまった肌は潤いを与える為に皮脂をいっぱい出そうとします。
そうして開いた毛穴に古い角質や皮脂が詰まってしまいます。

 

毛穴に詰まった老廃物は通常ですとターンオーバーによって押し出されていきますが、年齢を重ねて代謝の弱まってる肌は肌に蓄積されやすくなっています。
その老廃物は空気に触れると酸化して黒くなっていきます。

 

この様な理由によって毛穴が開いて見えたり黒ずんで見えたりしてしまうのです。。

 

 

肌のくすみの原因

 

肌のくすみが目立つ女性の様子

 

血行不良やターンオーバーや乾燥

 

顔がくすんで見える原因はいろいろあります。

 

血行が悪くなると顔色が悪くなり暗い印象に見えることがあり、時にはくすんで見えてしまう事もあります。

 

ターンオーバーの周期が遅くなったり乱れたりすると肌に古い角質がたまり厚くなってしまいます。
厚くなった肌は透明感が失われてくすんだ肌に見えてしまう事があります。

 

乾燥を繰り返し保水力の低下した肌はカサついたりキメが整わずくすみがちになってしまいます。

 

 

まとめ

 

  • 乾燥
  • 乾燥じわ
  • しわやたるみ
  • シミ
  • 毛穴
  • くすみ

といった年齢肌で悩みがちな6つのトラブルとその原因を紹介してきました。
原因を知ることで対策することが出来ます。

 

美肌で笑顔の女性

 

 

こうして総合してみてみると年齢肌のケアに特に必要なのは保湿だという事がわかります。

 

血行を良くしたりターンオーバーを整えたりすることも大事ですが
まず保湿から始めてみてはいかがでしょうか?

 

保湿することでバリア機能が高まったりターンオーバーを整えたりと美容に良い効果がいっぱいあります。